RareJob Tech Blog

レアジョブのエンジニア・デザイナーによる技術ブログです

デザインチームの運用をワークショップ形式で洗い出してみた

関東に台風が向かっております。 そのためコロッケを急いで買いに行かないといけないのですが、当番なので急いで書きます。

技術本部の副部長兼、デザインチームのリーダーのジャンボです。

皆さんは普段からの運用・作業の改善作業をどうやって洗い出しますか? 思いついても優先順位や難易度が読めずに結局着手できなくなっていませんか?

そんな時にオススメのやり方があります。

  1. ふせんかstormboardを用意する
  2. カテゴリ別に課題を洗い出す
  3. みんなで相談しながら優先度・効果のマトリクスで整理する

です。

早速ですが今回デザインチームでやってみた結果が以下です。(ちょっとぼかしてます)

f:id:jumbos5:20191011162100p:plain

赤ピンが上期で解決したものです。

エンジニアとの責務の分割や、サービスに対するUXに対するガイドラインなど解決が時間がかかりそうなものが右上に寄っています。一方でなんとなくルールはないけど、やったほうがいい・決めたほうがいいものなどは比較的すぐ実行でき効果が高いことがわかったので右下に整理されました。

最初は基準となるようなタスクを配置して、そのタスクとの相対的な位置をイメージして進めていくと進めやすいです。 これを作り右下から進めていくことで、チーム内での課題と優先度、そして効果のすり合わせをしながら良きデザインチームになっていければと思います。

www.wantedly.com

こういったプロセスをもっとよくしたい、もっと改善したい人を弊社では絶賛募集中です。

それではベランダのハーブが心配なので定時ダッシュでドロンします。 皆さんもplease keep safe.