RareJob Tech Blog

レアジョブのエンジニア・デザイナーによる技術ブログです

Androidのダークテーマ

こんにちは、ネイティブアプリ開発を担当している杉山です。

今回は、Android 10 から利用可能となった「ダークテーマ」のお話です。

ダークテーマとは

Android 10 から利用可能となった黒基調の UI です。

ダークテーマのメリット

  • 電力消費を節約!
  • 視覚障がいのある方、明るい光が苦手な方にとって見やすさ向上!

ダークテーマを使う

1. アプリのテーマに DayNight Theme を継承させる

/res/values/styles.xml にて以下の設定を行う。

<style name="AppTheme" parent="Theme.AppCompat.DayNight">

MaterialComponents のダークテーマも利用可能です。

<style name="AppTheme" parent="Theme.MaterialComponents.DayNight">

2. リソースディレクトリを切り分ける

修飾子として、日中用には notnight を付け、夜間用には night を付けて、リソースを管理。( notnight が付いていない場合、通常の values からリソースを取り出す。)

- res
  - values-night
  - values-notnight
  - values
  - drawable-night
  - drawable

3. アプリ内に適用するモードを設定

アプリケーションクラスを継承させたクラスの中で以下の設定を行う。

AppCompatDelegate.setDefaultNightMode([設定するモード])

モード一覧

  • MODE_NIGHT_YES ... 常に夜間モードを使用。リソースはnight修飾子の付いたものを使用。

  • MODE_NIGHT_NO ... 夜間モードは使用しない。リソースはnotnight修飾子の付いたものを使用。

  • MODE_NIGHT_FOLLOW_SYSTEM ... システムの判断に従って判別

  • MODE_NIGHT_AUTO ... 自動で判別。リソースは日中の場合 notnight修飾子の付いたものを、夜間の場合は night修飾子の付いたものを使用。

モードが切り替わったことをハンドリング

AndroidManifest.xml 内で以下の設定を行う。

<activity
    android:name=".Activity"
    android:configChanges="uiMode" />

onConfigurationChanged を用いて、設定されているテーマを確認する。

override fun onConfigurationChanged(newConfig: Configuration) {
    super.onConfigurationChanged(newConfig)

    val isDarkTheme = newConfig.uiMode and Configuration.UI_MODE_NIGHT_MASK
    when (isDarkTheme) {
        Configuration.UI_MODE_NIGHT_NO -> Log.d("Mode : ", "通常モード")
        Configuration.UI_MODE_NIGHT_YES -> Log.d("Mode : ", "ダークテーマ")
    }
}

おまけ

ダークテーマに対応しない

styles.xml で、DayNight Theme を継承しない

<style name="AppTheme" parent="Theme.AppCompat.Light.DarkActionBar">

ダークテーマをレイアウトから確認

  1. レイアウトファイルを開き、Design タブに切り替える。

  2. 画像のようなアイコンが、左上にあるのでクリック。

  3. Night Mode をNightに設定。( Not Night = 日中、Night = 夜間 )

f:id:r_sugiyama:20200130123302p:plain

まとめ

ダークテーマの対応は意外と簡単にできますが、イメージなどのリソースを作る対応が入ると大変だなと感じました。